BCAA 筋トレ

MENU

亀田兄弟愛用で話題のHMBサプリ
毎月100名限定のキャンペーン開催中!
全額永久返金保証付で安心
↓ ↓ ↓

【公式】HMB極ボディはこちら>>

 

BCAA 筋トレ 解説

筋トレとBCAAの関係性について解説

色々とネット上で筋トレやBCAAの事について調べていますと

  • 筋トレにBCAAって必要?
  • 筋トレしない日って、BCAA飲むべき?
  • BCAAを摂取するタイミングって…いつがいい?
  • そもそも、効果ある?

といった疑問・質問が目につきました…!

 

BCAA 筋トレ 解説

 

そこで今回は上記の疑問・質問が解消されるように、BCAA摂取経験者&管理人の体験談を元に色々書いていってみます=b

必須アミノ酸 筋トレ 摂取量

 

 

BCAA 筋トレしない日

BCAAって、筋トレしない日は摂取した方がいい?しない方がいい?

まずはじめに多かったものとして、

  • BCAAって、筋トレしない日は摂取した方がいい?しない方がいい?

といったものがありました。

 

この事へ対する回答としましては

  • 筋トレしない日も、筋トレする日の半分くらいの量は摂取しておいた方が良い

    (具体的には、約2〜3グラム)

といった感じになります=b

 

必須アミノ酸 筋トレしない日

 

筋トレされている多くの方は耳にしたことがあるかもしれませんが、筋肉を付ける為には

  • 筋トレで筋肉を破壊
  • 栄養をしっかり摂って回復(筋肉の超回復)
  • 回復する時に、以前より強力になる

という性質があるので、筋トレしても栄養が足りないと「逆に痩せる…!」といった現象が起きてしまいます。

 

 

また、何でも

  • 過剰摂取は良くない

という所がありますので、筋トレしない日の超回復中には、適度に栄養補給することが大切ですので、上記を目安にして頂けましたらと思います=b

 

 

BCAA 筋トレ タイミング

BCAAを摂取するタイミング、良いのは筋トレ前?筋トレ後?

これもよくある質問のうちのひとつなのですが、

  • BCAAを摂取するタイミング、良いのは筋トレ前?筋トレ後?

といったものがあります。

 

 

この事に関しては「専門家」と名乗る人の間でも見解が分かれている、といった現状があります…!

 

必須アミノ酸 筋トレ タイミング

 

HMB 飲むタイミング」の記事でもご紹介させて頂いているのですが、管理人の体験談としましては

  • 1日に必要な摂取量を、筋トレ直前と筋トレ直後の2回に分けて摂取する

が、オススメだったりします=b

 

 

この理由としましては、

  • 筋トレ直前にBCAAを摂取することで…

    →筋トレ中の筋肉分解を抑えることができる

  •  

  • 筋トレ直後にBCAAを摂取することで…

    →筋肉の超回復に必要な栄養を補給できる

といった効果が望めるために、管理人はいつもこの方法でサプリは摂取しています=b

これが絶対に正しい方法という訳ではありませんが、ひとつの成功事例としてご参考頂けましたら幸いです=b

 

 

BCAA 筋トレ 効果

そもそも…BCAAって筋トレに効果ある??

最後は、確信をついた質問でして…

  • そもそも…BCAAって筋トレに効果ある??

といった疑問・質問が目につきました…!

 

 

BCAAは、筋肉を付けていく上で確かに必要な成分なのですが、

  • ただBCAAを摂取しているだけでは、意味がない…!

といった所が、真実だったりします…!

 

 

BCAAというのは「バリン」「ロイシン」「イソロイシン」といった3つの必須アミノ酸の総称ですが、大事なのは

  • 3つのバランスが大事

    =バランスが悪いと、いくら摂取しても身にならない…!

といった所があります。

 

 

BCAAサプリの中には、正直いいまして

  • BCAAが「ただ」含まれているもの=バランス無視

といった現状のものも見かけられるんですね。

 

 

またBCAAは

  • 必須アミノ酸9種類の中の3種類がBCAA
  • 他の6種類を摂らないでいることも、バランスが悪い

という事が言えますので、BCAAの摂取をお考えの時には

  • 必須アミノ酸9種類全部、摂取することがオススメ

だったりします=b

 

必須アミノ酸 筋トレ 効果

 

最近、筋トレサプリがよく話題に上がっていますが、「EAA」という成分はご存知でしょうか?

EAAとは必須アミノ酸9種類全ての総称でして、管理人的には

  • ・BCAAを摂取するなら、EAAごと摂取することがオススメ

だったりするんですね。

 

 

EAAのサプリは、

  • 各アミノ酸のバランスが整っていて、無駄がない!

といった所がありまして、管理人もEAAを摂取するようになってから目に見えるモノを体感しだしましたので、これもひとつの成功事例としてご参考頂けましたら幸いです=b

 

 

EAAサプリにつきましては

 

必須アミノ酸 筋トレ前
EAA サプリ

 

の記事に詳細を書いていますので、ぜひ合わせてご参考頂けましたら幸いです=b

 

 

必須アミノ酸 筋トレ後

今回は「BCAAと筋トレの関係」といった感じのテーマで書かせて頂きました!

 

引き続き筋肉周りの情報を色々と書いていきますので、よろしくお願いします=b

 

筋肉サプリ 人気ランキング

関連ページ

BCAAとは | BCAAとは何?筋トレにどんな効果がある?
筋肉増強サプリメント(プロテインサプリメント)の中でも注目度の高い成分・BCAA。「BCAAとは何?」という所からBCAAの効果について、またBCAA配合のオススメサプリ情報を書いていますので、ぜひご覧ください!
BCAA 副作用 | BCAAには副作用がある?注意すべき事は?
BCAAの副作用についてまとめています。BCAAはそもそも副作用を引き起こす成分なのか?BCAAを摂取する時に注意しておいた方が良いこととは?という所について書いていますので、情報をお探しの場合はぜひご覧ください。
BCAA 食品 | BCAAの摂取は量よりバランスが大事です
BCAAが含有されている食品や、BCAAを効率的に吸収できる食品についてまとめています。食品からBCAAの摂取をお考えの際は、含有量よりもバランスを重視することがとても大切ですので、情報をお探しの際はぜひご覧ください。
BCAA 摂取量 | BCAAの1日の摂取量、本当の情報はどれ?
BCAAの摂取量について書いています。BCAAの1日の摂取量の目安については色んな説がありまして「どの情報が正しい?」といった現状がありますので、信ぴょう性の高い情報を元にBCAAの摂取量について考察してみましたので、ぜひご覧ください。
BCAA 飲むタイミング | 飲むタイミングとコツをご紹介!
BCAAを飲むタイミングについてまとめています。BCAAはどのタイミングで飲むのが効率的なのか?という所や、よりBCAAの効果を活かすコツについて書いていますので、情報をお探しの場合はぜひご覧ください。
BCAA ダイエット | ダイエット目的でのBCAA摂取について
ダイエット目的でBCAAを摂取される時のことについてまとめています。ダイエットが目的の場合のBCAAの飲むタイミングや摂取量について、またオススメの摂取方法についてなどを書いていますので、情報をお探しの場合はぜひご覧ください。
BCAA いらない | プロテイン摂取でBCAAは、いらない?
「プロテインを飲んでいれば、BCAAっていらない?」をテーマに書いています。BCAAの筋肉増強における重要性や、プロテインよりもBCAAをはじめとする有効成分を効率的に摂取できるサプリメントをご紹介していますので、ぜひご覧ください。
BCAA 筋力増強 | BCAAって筋力増強の効果はある?
BCAAの筋力増強の効果についてまとめています。「BCAAって、筋力増強には必須の成分?」といった疑問に対する答えや、筋肉増強を狙う時に大切なこと・本当に有効な成分のことについて書いていますので、ぜひご覧ください。
BCAA カタボリック | BCAAにカタボリック防止効果はある?
BCAAのカタボリック防止効果についてまとめています。BCAAが何故カタボリック防止に良いと言われていたのかや、BCAAよりも効率的にカタボリックを防ぐことが出来る成分についてご紹介していますので、情報をお探しの場合はぜひご覧ください。
BCAA アミノ酸 | BCAAとアミノ酸の違いや効果について
BCAAとアミノ酸の違いや、BCAAの摂取は筋肉増強の効果があるのか、といった所について書いています。BCAAとアミノ酸の違い・関係性や、その他の成分を知ることで本当に効果のある成分は何なのかが見えてきますので、情報をお探しの場合はぜひご覧ください。
BCAA オススメ | もう、BCAAはオススメできない!?
筋肉をつける為の栄養補給としてBCAAの摂取をお考えの場合、「もうBCAAの摂取はオススメできない…!」といった現状があったりします。BCAAがオススメできない理由や、BCAAに代わる効果的な成分についてご紹介していますので、ぜひご覧ください。
BCAA 疲れない | BCAAの摂取で疲れない?そのメカニズムは?
BCAAの摂取によって「疲れない」と感じられる作用についてまとめています。BCAAとセロトニンを引き合いに、どうして疲れないのか、どういった事が考えられるのかといった所を、現段階で証明されていること・されていない事・考えられることを交えながら書いています。