BCAA 摂取量

MENU

亀田兄弟愛用で話題のHMBサプリ
毎月100名限定のキャンペーン開催中!
全額永久返金保証付で安心
↓ ↓ ↓

【公式】HMB極ボディはこちら>>

 

BCAA 摂取量 目安

BCAAの正しい摂取量の目安って…!?

トレーニングをされていてBCAAを摂取しようor摂取している方の中にある疑問として

  • BCAAの正しい摂取量の目安って…どれくらい!?

    (「1日4gまで」や「どれだけ摂ってもいい」など、色んな情報があって迷ってしまう…!)

といった疑問があることが分かりました。

 

必須アミノ酸 摂取量 目安

 

そこで今回は

  • BCAAの正しい摂取量の目安についての考察

というテーマで書いていってみたいと思います=b

必須アミノ酸 摂取量 タイミング

 

 

BCAA 摂取量 1日

BCAAの1日の摂取量の考察

正直、BCAAの摂取量に関しましては諸説あって「どの情報を信じたら良いのか?」という所が難しい現状だったりします。

 

 

そんな中で、信ぴょう性が高い情報を集めて「BCAAの1日の摂取量」について考察してみました=b

 

必須アミノ酸 摂取量 1日

 

≪信ぴょう性の高い情報≫
  • 大塚製薬の実験では、BCAA2g(2000mg)以上の摂取で2時間後のBCAA・血中濃度が高い事が確認された

    =BCAAの効果を得たい時は、2g(2000mg)以上は摂取したいという事が分かりました。

  •  

  • 厚生労働省が発表した「日本人・食事摂取基準」では、体重1kgに対して、0.085mgのBCAA摂取が1日の摂取量の目安と設定されています。

    (例:体重60kgの方の場合は、85×60=5100=5.1g)

  •  

  • BCAAを実際にサプリメントで摂取されている方が1日1.6gのBCAAを1週間摂取した所、蕁麻疹(じんましん)や内臓の不調を感じ始めた、といった口コミもあります。

といった事が、信ぴょう性の高い情報として有りました。

 

≪情報のまとめ≫

上記でご紹介させて頂きました情報をまとめてみますと、

  • 筋肉のパフォーマンス向上のためには、2g以上の摂取をしたい所
  • しかし、1.6gでも不調を感じた方が居るのは事実
  • 厚生労働省の基準では、例えば体重60kgの方なら85×60=5100=5.1gが目安になる

といった事になりまして、上記の情報では統一性がなく、個人差があることが見受けられるんですね。

必須アミノ酸 摂取量 取りすぎ

 

 

そのため、管理人のひとつの考察について次に書かせて頂きたいと思います。

 

 

 

≪BCAAの1日の摂取量への考察≫

(管理人の主観ではありますが)信ぴょう性の高い情報の間を取った考え方をしてみますと

  • BCAAの1日の摂取量を少なめの2gからはじめてみる。
  • 何も不調がおきなければ、1週間おきに0.5gずつくらい増やしていってみる

    (体調不良が起きた方が、1週間経った頃だったので)
    =もし不調が起きた場合は、ただちにBCAAの摂取を中止する


  • そして、1日のBCAA摂取量の上限は「85×自分の体重」に留めておく

といった方法を取ってみることが、少しずつBCAAの血中濃度が高い状態を体に慣れさせつつ、最大限BCAAを体内に取り込むことを成功させられる可能性が高いと感じていますので、考え方のひとつの参考にして頂けましたら幸いです=b

 

必須アミノ酸 摂取量 肝硬変

 

 

BCAA 摂取量 効果的

BCAAよりEAAを摂取した方が効果的

上記まででは、BCAAの摂取量の目安について書かせて頂きました。

 

 

そして最後にご紹介させて頂きたいことに

  • BCAAを(サプリ・プロテインなどで)摂取するなら、EAAの方がオススメ!

といった事を書かせて頂きたいなと思います=b

 

必須アミノ酸 摂取量 効果的

 

BCAAとは必須アミノ酸9種類の中の3種類(バリン・ロイシン・イソロイシン)の事ですが、EAAとは必須アミノ酸9種類全部のことを言います。

 

 

どうしてBCAAよりEAAなのか、という所なのですが

  • EAAは必須アミノ酸=体に絶対に必要なアミノ酸
  • しかし必須アミノ酸9種類は、全て「体内では生成されないもの」

    =外部から摂取するしか、方法はない

といった事があるために、BCAAを摂取するのであればバランスよくEAAごと摂取した方が体のために良かったりします=b

 

 

最近では筋肉増強系のサプリが話題になっていますが、その中に

  • BCAAを黄金比率で配合しているEAAサプリ

というのがありまして、BCAAを効率的に摂取しながら必須アミノ酸全部をバランス良く摂取できるサプリが登場していますので、サプリやプロテインをお探しだった場合には、ひとつの参考にして頂けましたら幸いです=b

 

必須アミノ酸 摂取量 上限
90日間全額返金保証付!ロイシン強化型EAA配合

 

 

≫≫ パーフェクトビルドEAA 公式サイトはこちら

 

 

 

 

必須アミノ酸 摂取量 ビルダー

今回は「BCAAの1日の摂取量の目安」をテーマに書かせて頂きました!

 

引き続き筋肉やサプリの話題について書いていきますので、よろしくお願いします=b

 

 

筋肉 効果的 アミノ酸
よく読まれています。

 

HMB極ボディ 楽天 通販
EAA 飲み方

 

筋肉サプリ 人気ランキング

関連ページ

BCAAとは | BCAAとは何?筋トレにどんな効果がある?
筋肉増強サプリメント(プロテインサプリメント)の中でも注目度の高い成分・BCAA。「BCAAとは何?」という所からBCAAの効果について、またBCAA配合のオススメサプリ情報を書いていますので、ぜひご覧ください!
BCAA 副作用 | BCAAには副作用がある?注意すべき事は?
BCAAの副作用についてまとめています。BCAAはそもそも副作用を引き起こす成分なのか?BCAAを摂取する時に注意しておいた方が良いこととは?という所について書いていますので、情報をお探しの場合はぜひご覧ください。
BCAA 食品 | BCAAの摂取は量よりバランスが大事です
BCAAが含有されている食品や、BCAAを効率的に吸収できる食品についてまとめています。食品からBCAAの摂取をお考えの際は、含有量よりもバランスを重視することがとても大切ですので、情報をお探しの際はぜひご覧ください。
BCAA 筋トレ | 筋トレにBCAAって…本当に必要!?
BCAAと筋トレの関係性についてまとめています。筋トレをされている方の疑問として多い「本当に筋トレにBCAAって必要?」「摂取するなら、タイミングはいつがいい?」etc…といった所の情報について書いていますので、ぜひご覧ください。
BCAA 飲むタイミング | 飲むタイミングとコツをご紹介!
BCAAを飲むタイミングについてまとめています。BCAAはどのタイミングで飲むのが効率的なのか?という所や、よりBCAAの効果を活かすコツについて書いていますので、情報をお探しの場合はぜひご覧ください。
BCAA ダイエット | ダイエット目的でのBCAA摂取について
ダイエット目的でBCAAを摂取される時のことについてまとめています。ダイエットが目的の場合のBCAAの飲むタイミングや摂取量について、またオススメの摂取方法についてなどを書いていますので、情報をお探しの場合はぜひご覧ください。
BCAA いらない | プロテイン摂取でBCAAは、いらない?
「プロテインを飲んでいれば、BCAAっていらない?」をテーマに書いています。BCAAの筋肉増強における重要性や、プロテインよりもBCAAをはじめとする有効成分を効率的に摂取できるサプリメントをご紹介していますので、ぜひご覧ください。
BCAA 筋力増強 | BCAAって筋力増強の効果はある?
BCAAの筋力増強の効果についてまとめています。「BCAAって、筋力増強には必須の成分?」といった疑問に対する答えや、筋肉増強を狙う時に大切なこと・本当に有効な成分のことについて書いていますので、ぜひご覧ください。
BCAA カタボリック | BCAAにカタボリック防止効果はある?
BCAAのカタボリック防止効果についてまとめています。BCAAが何故カタボリック防止に良いと言われていたのかや、BCAAよりも効率的にカタボリックを防ぐことが出来る成分についてご紹介していますので、情報をお探しの場合はぜひご覧ください。
BCAA アミノ酸 | BCAAとアミノ酸の違いや効果について
BCAAとアミノ酸の違いや、BCAAの摂取は筋肉増強の効果があるのか、といった所について書いています。BCAAとアミノ酸の違い・関係性や、その他の成分を知ることで本当に効果のある成分は何なのかが見えてきますので、情報をお探しの場合はぜひご覧ください。
BCAA オススメ | もう、BCAAはオススメできない!?
筋肉をつける為の栄養補給としてBCAAの摂取をお考えの場合、「もうBCAAの摂取はオススメできない…!」といった現状があったりします。BCAAがオススメできない理由や、BCAAに代わる効果的な成分についてご紹介していますので、ぜひご覧ください。
BCAA 疲れない | BCAAの摂取で疲れない?そのメカニズムは?
BCAAの摂取によって「疲れない」と感じられる作用についてまとめています。BCAAとセロトニンを引き合いに、どうして疲れないのか、どういった事が考えられるのかといった所を、現段階で証明されていること・されていない事・考えられることを交えながら書いています。